安全性は大前提で選ぼう

安全性は大前提で選ぼう家は、家族の安全と命を守る存在でなければいけません。

日本という風土の中で、家が果たす役割は、自然災害から家族を守ること。地震大国と呼ばれる我が国で、どのような技術であれば家族の安全が守られるのか?また、安全で頑丈な造りであれば、何を使用しても良いという訳にもいきません。家族の健康を支えながら、安心して安全に住める家づくりをすることが大切です。

家を建てるとなると、やはり建物に興味が行ってしまいますが、建物の耐震性能だけでなく、建物を支える基礎と地盤にも注意しましょう。

耐震等級
概要
地震への耐久度。数百年に一度発生する地震(震度6~7)に対抗できるものが「等級3」。「等級2」はその1.25倍、「等級1」は1.5倍の大きさの地震に対抗できます。

判断基準
「等級2」があれば安全性はかなり高いと言えます。「4寸の大きい柱だから丈夫」という会社がよくありますが、柱だけでは耐震性を保証できません。必ず等級を確認しましょう。

お電話でのお問合せについては受付時間9:00~19:00(不定休)075-813-5500