長期優良住宅を選ぼう

長期優良住宅を選ぼう長期優良住宅は、「耐震性」「省エネルギー性」など、法律で定められた8つの基準を満たした長持ちする家です。

長持ちする家ですから年をとったころに建て替え!などのリスクも少なく、「耐震性」=家族の安全、「省エネルギー性」=冬は暖かく夏は涼しいので住んでいて快適、その上さらに、税制優遇もあります。

また、「耐震性」や「省エネルギー性」が高い住宅ですと、住宅金融支援機構の住宅ローン(フラット35)をご利用の際に、一定期間の金利引き下げ制度(フラット35S)をご活用になれます。

長く安全に快適に住める家、しかも税制・金利の優遇。長期優良住宅は選ぶための最低基準といってもいいですね!

性能を重視しながらコスト面にも配慮する

税制優遇も受けられる「長期優良住宅」

「耐震性」や「劣化対策」など、国の定める基準を満たした住宅は、
申請することで「長期優良住宅」として認定されます。高い水準の安全性・快適性が保証されるだけでなく、税制優遇の金額は10年間で250万円以上。さらに金利0.3%の住宅ローンである「フラット35S」の支払期限が、通常10年間のところ20年に延長されます。

家が安くても、「燃費」が悪いと結局割高?

一般的な住宅と高性能住宅の光熱費の差額は、場合によっては毎月平均1万円ほど発生します。25年間住めば、300万円の差です。ローコストで一般的な住宅を建てても、光熱費を考えると高性能住宅の方が割安、ということも考えられるのです。加えて、高性能住宅は住み心地や耐用年数の点でも優秀ですから、コストパフォーマンスの面では確実に優れていると言えます。

光熱費などに関わるエネルギー性能については、まだまだしっかり数値化している業者は少ない状況です。一次エネルギー消費量やエネルギーパスといった新たな指標に取り組もうとしている、前向きな会社を選びたいところですね。


お電話でのお問合せについては受付時間9:00~19:00(不定休)075-813-5500